引っ越し見積もりと採寸のための内見準備

最近、マクドナルドのソフトクリームにはまってる、やざきちえりです。

ワッフルコーンにするとうんまい。

 

f:id:chieri_yazaki:20190603183907j:image

チョコナッツかけても200円だよ。

 

さて、本題へ。

 

同居開始時は立ち寄りプランがお得?

引っ越し先は1箇所だけど、夫婦の現アパートは2カ所あるわたしたち。

引っ越しはそれぞれ頼んだ方が安いのか、それともまとめて頼んだ方が安いのか。

 

ちなみにこの2カ所から1カ所(複数箇所と1カ所の立ち寄り)は立ち寄りプランというそう。

全部の引っ越し業者がサイトに掲載しているわけではないですが、相談すればほとんどできるとのこと。

 

見積もりして聞いてみます。

どちらにせよ、ひとつの業者に任せた方が値引き交渉しやすそうですよねー。

どうなのかな。

 

採寸のために準備するもの

契約後に採寸に行くことも多いと思います。

窓のサイズとか、冷蔵庫や洗濯機のスペースの確認とか。

コンセントの位置なんかもこのタイミングで確認しておくとよさそう。

 

持っていくものとしてはメジャーと間取り図。そしてカメラ。

 

わたしはアイパッドを駆使して対応予定。

直接写真に書き込みたいんじゃ!

 

 

初期費用高すぎてこまってる

礼金なし、敷金0.5、仲介手数料0.5という好条件に引っ越す予定です。

でもカーテンとかシーリングライトとか、もろもろ購入しなきゃいけないものがたくさんあって今から預金残高が心配。笑

 

うまくリーズナブルなものを探して生活を整えていきたいと思います。

がんばるぞいー!

 

引っ越しまであと少しなので持っていくものリスト作ってみる

サンダル履くとき爪先が見えるデザインだとネイル塗らなきゃさみしい感じするなぁ、と思ってるやざきです。ども。

 

f:id:chieri_yazaki:20190601165045j:image

 

めんどくさいけど頑張って塗ったら結構かわいい。えへへ。

 

ちなみに、これダイソーの剥がせるネイルね。

ズボラなわたしみたいな人や忙しい人におすすめ。除光液使わなくていいからさ。

 

 

さて本題。

引っ越しが近いのですが入居日がなかなか決まらず、業者への見積もりもまだできておりません。

うわーん。間に合うかそわそわするよぅ。

 

(でも現在のお部屋の退去日と重複期間が短いほうが日割りのお家賃が助かるのでいいっちゃいいけどさ!)

 

まだ採寸のための内見には行けてないので新しい家具家電も買いに行けないし、今のうちにやれることやっとこう。

 

ってことで!ようやくタイトル回収です。

持っていくものリスト作ってみようかなと思います!!(ドンドンパフパフ〜)

 

ついでに買い換えたいもの、捨てるもの、売るものなんかもリスト化してます。

 

持っていくもの

冷蔵庫

洗濯機

レンジ

炊飯器

ホットプレート

ガスコンロ

電気ケトル

食器

調理器具

シュレッダー

観葉植物

脚立椅子

額縁入りポスター

洗濯カゴ×2

ドライヤー

ヘアアイロン

ほうき

掃除機

コロコロクリーナー

布団セット

服、カバン、靴

洗剤等のストック

姿見

などなど。

 

迷ってるもの

ソファーを持っていくかどうか悩んでます。

カフェテーブルとセット使いしたいけど、ちょっと場所とるなぁって。

 

だったらソファを売って、スツールに替えてみるのはどうかなあって考えてる。

 

ちょっとした収納にもなるし、便利そう。使わないときは畳んでコンパクトになるのもうれしい。

ソファあると引っ越し代かさみそうだからさあ。ね、悩むよね。

 

ソファ売るにしても解体しなきゃいけないし、ロールスクリーンもカーテンレールからはずさなきゃいけないし、大変だなあ。

ものは少ないにかぎる。

 

準備がんばってるので応援してください。

ではまたね!

わたしたちはケンカップル〜ケンカはコミュニケーション〜

どーも!やざきちえりです。

 

わたしは今までお付き合いしてきた恋人たちとは、なるべくケンカしないように心がけていました。

今の彼氏とは会うたびにケンカするくらい、ケンカの回数が多いなーと思います。

今日はそんなケンカについて。

 

f:id:chieri_yazaki:20190523201116j:image

 

ケンカップルって結構メジャーな言い方なのかしら。

その辺よくわかってないんですが、わたしたちはケンカップルだなーと思います。

 

わたしも彼もわりと短気だし、言いたいことは言うタイプ。

彼はネガティブでちょっとしたことで疑ってくるし、わたしはわたしでそれを避けるために変に繕ったりするからこじれたりする。笑

 

ただ、ちゃんと反省会という感じで仲直りできるので気まずくなったりはしないし、あとから「あの時のアレはやだった」みたいな後出しはありません。

会ってから婚約までめちゃくちゃなスピードだったんですけど、そうやって腹割って話せるからかなーって思います。

 

そして写真のケーブルアクセサリーはガチャガチャのやつ。

彼がとりました。彼はゲンガーみたいな目つきです。そっくりでかわいい。

わたしの家においてあります。

 

末永くいい関係性でいられますように。

 

いいところも悪いところもひっくるめてわたし

どうもー、やざきちえりです。

最近改めて考えたんですけど、いいところも悪いところも含めて自分だなーって受け入れられると強いですよね。

 

f:id:chieri_yazaki:20190522213721j:image

 

わたしは自分のいいところをたくさん知ってます。わりとなんでもできるほう。

でも一方で、それを他人にも押し付けがちだったり、不器用な人の気持ちを汲めないところがありました。

 

で。

 

それを彼に指摘されたんですね。

「ちえりちゃん、マウントとりがちだね」って。

 

いや言い方考えてよ。笑

って思いましたけど、納得はできたので、いまは気をつけて直していきたいなーと思ってます。

 

そうことを教えてくれる人がまわりにいてよかった。

直したいと思える素直さがあってよかった。

 

わたしってなかなかいいよなぁ、と思う今日この頃でした。

 

手抜き料理だっておいしい、一人暮らし満喫中

どうもー、やざきちえりです。

 

f:id:chieri_yazaki:20190521211622j:image

 

同居まであと約1ヶ月。

内見に行ったり、家具家電を見たり、忙しいながらもたのしい毎日を過ごしています。

 

とはいえね。

転職したばかりで気疲れしてしまい、仕事が終わってからなかなか自炊できなくなっていました。

連休明けからようやく落ち着いてきて、このごろ自炊することも増えてきました。

 

ということで今夜の晩ごはん。

 

f:id:chieri_yazaki:20190521211634j:image

 

鶏むね肉としいたけをもやしの上に乗せて、フライパンで蒸し焼きにしたやつ。

中華炒め。

 

つけ合わせにトマト。

桃太郎とかなんとか、甘くてフルーティなやつ!

 

おいしかった。

こんな感じに手抜き料理もたのしいし、ラクだし、おいしくて好きだなー。

 

これから近い将来、二人分作るならもう少し頑張ろうと思うけど、今はこれがわたしにちょうどいい。

ひとりごはんって悪くない。

 

ではまた。

ひとりでも生きていけるけど、ふたりで暮らしてみたい

どうも、やざきちえりです!


わたしは結婚したくない、というブログを一時期やってていたほど結婚を躊躇していました。
そんな「したくない、しなくてもいい」と思っていたはずの結婚を決意するのは、意外に難しくありませんでした。
きょうはその話をしてみます。

 

f:id:chieri_yazaki:20190520193343j:image

 

 

ナチュラル過ぎてプロポーズにならなかった言葉

そもそものきっかけは、お互いどちらかの家に頻繁に遊びに行っていたので、もう面倒だから一緒に住みたいね、となったことでした。


そんなふうになったのはご飯を作ったり家事をしたりしてもらったり、いっしょにアニメを見たり、お酒を飲みながらおしゃべりしたり、他愛もない暮らしの営みがお互いの生活にしっくりきたからだと思います。

 

わたしは(別の人と)同棲経験があるので、一緒に住むことはそう簡単ではないことと知っていたのですが、それでも一緒に住みたい、住めそうと思えた彼の言動と、彼の自身を信頼できたことも背中を押してくれました。
(主に金銭感覚と家事分担について。これはまたいつか。ていうか、これが本題ですけどね)

 

 

同棲するならいっそ結婚しちゃえ

さいしょは同棲でもいいかなーと思っていたのですが、わたしが同棲経験がありまして。

その失敗をふまえて、同棲の場合は結婚もしくは同棲解消のタイミングを事前に決めておきたいと話しました。


その結果、ふたりとも「将来的には結婚したいし、どうせするならすぐでもいいね」と軽く決めた感じでした。

 

結婚式とか大げさな新婚旅行、子育て(これは現時点でのみ、今後は要相談)に全く興味がないという価値観の一致も結婚を決められた理由のひとつです。

ホントありがたい。

 

同棲する場合でも契約にあたり、結婚を前提にしている(双方の親に連絡をとって確認するとのこと)お付き合いがどうかを確認する場合もあります。

こんな風にルームシェアや同棲の場合は契約できなくても、結婚していれば契約できる物件は多数あったので、これがなによりのメリットでした。笑

 

好きだから一緒にいたい、というよりも、一緒にいるのが心地よく、相手と一緒にいるときの自分が好きだなあ、とお互いに思えました。

これって今までの恋人にはあんまりなかった感情だったので、この人となら結婚してずっと一緒にいてもいいなあと感じました。

 

こうして、意外なほどあっさり、わたしは結婚しようかなと思えるようになりました。

 

すてきな人と出会えてよかったなぁ。

ではまた!

結婚と新しいブログについてのご報告

こんにちは、やざきちえりです。

ご無沙汰していだ間にいろいろしておりまして、このたび入籍することになりました。

 

f:id:chieri_yazaki:20190519191220j:image

 

これを機に放置気味になっていたブログを新たに開設し、生活についてのいろいろをライフログとして残していこうと思います。

 

新しいお部屋とか、結婚の手続きについてとか、生活に根ざしたそういったものを日記のように気軽に書いていくつもりです。

 

どうぞよしなに。